ロゴイメージ東大・京大・早慶上智ってなんの略?いつから呼ばれている?

日本の難関、有名大学の東大・京大・早慶上智とは具体的にどこの大学をさすのでしょうか?各大学の魅力と特徴を詳しく、わかりやすく徹底解説!
四谷の予備校/工学部ランキング/大学偏差値ランキング2018最新情報/国家資格人気ランキング

サイトイメージ

東大・京大・早慶上智を構成する大学の特徴を解説

東京大学

東京大学 イメージ

東京大学の特徴は何といっても入学時点で普通は決まっているはずの専攻する学部がまだ決まっていないということです。理科Ⅲ類で合格すれば医学部にほぼ進学できますが、そのほかに関しては入学後に勉強して良い成績をとっていないと希望する学部に進学できません。

入試は当然ながら日本で最も難関の大学であり、すべての教科において総合的な力が必要です。また、二次試験が4教科も課せられていて、他大学と比べると、やはり受験生には負担も大きく日本では最も難しい大学です。

東京大学 詳細

京都大学

京都大学 イメージ

京都大学偏差値は全体的に高いです。学部によって差がありますが、偏差値でいえば文系も理系も入りやすい学部はないです。どの学部をうけてもとてつもない難易度です。入試の特徴としては、京都大学の文系は英国数に加えて地理、歴史どちらか一科目が出題されます。

しかし、センター試験で選択した科目と同じものは選べません。つまり、どちらも勉強しておかないと合格はできません。理系は、国語で百字を超える論述を要求されたりします。理系でありながら京都大学を目指すならば国語から逃げることはできないのです。問題の難易度もとにかく高いです。

京都大学 詳細

早稲田

早稲田 イメージ

早稲田大学と言えば、誰もが知っている有名私立大学になります。

文武両道がその特徴として挙げられます。ラグビーや駅伝などの数多くのスポーツにおいてその名前は有名です。全国からたくさんの優秀な選手が大学に憧れてその門をたたいてくるのです。

また、早稲田大学と言えば学業のレベルの高さでも有名です。政治経済学部や法学部が有名ですが、入試の難易度はやはり高くなっています。学部によっても違いますが偏差値は67、68程度は必要になります。

早稲田 詳細

慶應義塾

慶應義塾 イメージ

日本国内のみならず、世界的に有名な地位を保つ慶應義塾大学は、昔からトップレベルの位置をキープし、多くの著名人を輩出している特徴があります。特に理系の研究内容は世界でも評価され、様々な分野での活躍が見られます。

入試傾向としては、全般的に難易度が高く、教科書範囲を超えた問題が出る傾向があるので、慶應義塾大学向けの対策が必要になります。一般試験の他、AO入試、スポーツ推薦などを実施することで、入学の肌が広がっています。

慶應義塾 詳細

上智大学

上智大学 イメージ

上智大学の特徴としては、キリスト教の理念に基づく指導を行っています。人間として理性を持ち、お互いの人格あるいは基本的人権を尊重しあう事で連帯責任が生まれます。

4年間在学することで、人間としての謙虚な心理を持ちつつ精神的に養うことができ、大学をみんなで作り上げることができます。また入試においては、私立でありながらも難易度があり、英語力が大切と言われますが、学部によって違いがあるので、予め学力を身に付けておく必要があります。

上智大学 詳細