ロゴイメージ東大・京大・早慶上智ってなんの略?いつから呼ばれている?

日本の難関、有名大学の東大・京大・早慶上智とは具体的にどこの大学をさすのでしょうか?各大学の魅力と特徴を詳しく、わかりやすく徹底解説!

サイトイメージ

慶應義塾

慶應義塾大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

慶應義塾大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

慶應義塾大学 イメージ

慶應義塾大学は入試の難易度がとても高いことで有名です。総合大学ですので、医学部を始めとする理系の学部もありますし、法学部を始めとした文系の学部も全て揃っています。

全国の私立大学でも人気があり、憧れの大学として目指している人も多いはずです。 経済界などで多くの人材を輩出しており、学閥は少なくなったと言えども、大企業では、三田会というOB会もあり、先輩と後輩のつながりが深い大学です。

幼稚舎から大学までストレートで入学する人もいますが、一般入試で受験する人も多いです。 現役で合格することはかなり難しく、浪人して入学する人も多いです。

私立大学ですので、国立大学のようにほとんど全ての科目を学習する必要はなく、特定の科目を勉強すれば良いので、得意分野のある人は合格できる可能性は高いはずです。

慶應義塾大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

慶應義塾大学は1万円札の顔ともなった福沢諭吉により1858年に蘭学の家塾として創立されました。 特徴としては東京都港区三田に本部を構え、東京都内に3つ神奈川県内に3つ、計6つのキャンパスがあります。

学生数は2017年3月現在、男性18,488、女性10,247、計28,735人となっています。 偏差値は学部によって異なりますが看護医療学部の60.0から医学部の72.5と大変高いレベルとなり難関大学の一つでもあります。

主な卒業者は俳優の石坂浩二や作家としても活躍する水嶋ヒロ、モデルのトリンドル玲奈やお笑いタレントのふかわりょう等の芸能人から政治家として総理大臣を務めた橋本龍太郎や小泉純一郎まで幅広く活躍されています。

慶應義塾大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

慶應義塾大学は学問もそうですがスポーツでも活躍している選手が数多くいらっしゃいます。 まずは野球では東京六大学野球リーグに加盟していて最も有名な大学の部活のひとつといえるでしょう。

読売巨人軍の現監督である高橋由伸監督が慶應義塾大学出身のスポーツ選手です。過去の読売巨人軍の監督では一時期の黄金時代を築いた藤田元司監督も慶應義塾大学の出身でした。

ほかにはサッカー選手で武藤嘉紀選手が慶応大学出身です。在学中からJリーグのFC東京でプレーしていて、のちに日本代表まで選ばれたことは有名です。

さらに、慶応といえばラグビーも有名です。 ラグビーワールドカップで印象的なトライを決めた山田章仁選手も慶応大学出身ですし、ニュースキャスターまでされた残念ながら亡くなられた上田昭夫さんも慶応大学出身のスポーツ選手です。