ロゴイメージ東大・京大・早慶上智ってなんの略?いつから呼ばれている?

日本の難関、有名大学の東大・京大・早慶上智とは具体的にどこの大学をさすのでしょうか?各大学の魅力と特徴を詳しく、わかりやすく徹底解説!

サイトイメージ

京都大学

京都大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

京都大学の入試の難易度

京都大学 イメージ

京都大学の入試に関しては、若干の難易度が下がっていると解釈する場合もありますが、実際には難易度が高いため、難関大学として知られています。

多くの人が希望する大学でもあり、学部によっても倍率などが異なりますが、その難しさから、東大などと並ぶ難関校として考える人も多くいます。

更には、入学してからの難しさや、卒業するときの難しさも相まって注目されます。 その年度によって入試の内容や難易度も異なりますが、難しいと言うことには違いありません。

教科によっても難しさが違い、得意なものだけを集中的に勉強しただけでは合格には至らないということもが多いため、まんべんなく学んでいくことが入試を突破するためのコツとも言えるのです。

京都大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

京都大学の特徴と言えば、何と言っても「自由な校風」です。一昔前には「単位はあげますから授業に来ないでください」と宣言する名物教授もいたほどです。

今はさすがに学問については真面目に取り組むようになりました。それでも、京大キャンパス名物「立て看」には、政治的主張から各部活の㏚まで個性豊かで自由な表現が見られます。

芸能人では俳優の辰巳琢郎さんや、お笑いコンビ「ロザン」の宇治原史規さんがいます。宇治原さんはお笑い芸人の仕事をしながら、休学などもいれて9年かけて卒業しました。

大学生協の月刊誌で「京大の自由な校風に感謝している」という旨の発言をしています。政治家では民進党の前原誠司さんがいます。同じく細野豪志さんも京大の卒業生です。

政治家になりそびれて最近有名になった人に、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんがいます。

京都大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

京都大学は国立大学ですからスポーツ推薦などはありません。ですから、京大出身のスポーツ選手の数は少ないです。しかし、文武両道な人もいます。

戦前にはオリンピック出場選手も出ました。田島直人さんと原田正夫さんは、ベルリンオリンピックの三段跳びでそれぞれ金・銀メダルを獲得しました。

ベルリン五輪で優勝者に与えられたオークの木は、2008年まで農学部グラウンドに植えられ親しまれてきました。世界でも現存するのは珍しかったそうです。

戦後、京大を代表するスポーツとなったのがアメリカンフットボールです。東海辰弥さんのようなスター選手がうまれました。

当時は、4,5月ごろに教養学部の辺りを体格の良い新入生が歩いていると、もれなくアメフト「ギャングスターズ」に勧誘されたそうです。

フィギュアスケートで神崎範之さんがいます。高橋大輔選手と一緒に全日本選手の最終滑走グループで滑りました。国際大会にも派遣された実力者です。